男の人

インフルエンザは予防できる!正しい方法を徹底して感染予防

基本の方法で感染回避

細菌

インフルエンザの予防は徹底して行ないましょう。感染シーズンでのインフルエンザ対策のポイントをしっかり押さえて、重症化や拡散、家庭内や周囲でのパンデミック感染を避けることができます。

詳しくはこちら

手洗いの重要性

頭を押さえる男性

インフルエンザ予防の要は手洗いです。一番多い感染ルートとして手があり、手の感染を予防することができればインフルエンザに感染するリスクは大きく下がります。手洗いジェルや除菌シートなども活用しましょう。

詳しくはこちら

行動スタンスと適切な対策

横になる女性

家族で一人感染すると家庭内パンデミックが発生することも多いインフルエンザ。高熱と体の倦怠感や悪寒や嘔吐など、重症化しやすいので風邪と同じようなものと油断してはいけません。家庭内や周辺でインフルエンザを拡散させないためには、感染予防と徹底した自己管理が重要です。社会人には悪寒や頭痛などを感じても、無理に会社に行く人もいますが、休むことが会社の貢献になることもあります。無理に出勤してインフルエンザを拡散させたら当人が1週間程度休むよりも大きな損害が発生します。それでも来るようにいうリスク管理ができていない会社や上司においては頭の痛いことでしょうが、落ち着いて説明して病院での検査を受けることを伝えましょう。おかしいなと思ったらすぐにマスクを着用の上で病院に行きましょう。病院でマスクを付けるのは、待合室などでのインフルエンザ予防や拡散予防のためにも重要です。忘れた場合には入り口で販売されていることも多いので病院内や受付に進む前にマスクを装着しておきましょう。これだけでも外から入るウイルスや外に出るウイルスの移動をブロックできます。感染予防には正しい知識と予防方法の実践が重要なのです。冬などに大流行するインフルエンザから身を守るためにも、拡散させないためにもマスクの着用を心がけましょう。家の中にインフルエンザ感染している家族がいる場合にも、完全に治るまでお互いマスクを着用することで感染被害を最小限に抑えることができます。

うがいとマスクで感染回避

鼻をかむ人

うがいやマスクでもインフルエンザ予防を行ないましょう。塩水やお茶でのうがいはウイルス対策に効果を発揮します。マスクと合わせて利用することで、飛沫感染や空気中の雑菌感染を避けられます。

詳しくはこちら